目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

公開日: 更新日:

 東京・目黒区で5歳の女児が虐待を受けて死亡したとされる事件では、自宅から「いきがきれるまでうんどうする」「べんきょうする」など約20項目のルールが書かれたメモが見つかっている。その内容から身体的虐待だけでなく、「教育虐待」も行われていたことが見て取れるだろう。

「子どもの受容能力を超えてまで勉強を強要し、そのために身体的、あるいは、言葉や態度による暴力を振るうことが、教育虐待です。『ノー』と言えない親子の力関係の中で、『約束』をさせ、それを破ると『約束を破ったこと』を理由に身体的・心理的な暴力を振るうことも教育虐待に当たる。今回はまさにそのケースです」

 こう話すのは、教育・育児ジャーナリストのおおたとしまさ氏だ。知らず知らずのうちに、心理的に子どもを追い詰めている親は少なくないという。

「教育虐待に陥りやすいのは、正にも負にも学歴コンプレックスを持っている親です。自らの経験に基づいて、『学歴がないと苦労するから』と自分のコンプレックスを晴らす役割を子どもに期待するケースがひとつ。高学歴の親は、そういう生き方しか知らず、子どもが学歴の道から外れようとすると、虐待に進むケースもあります。自分以上の高学歴を得させようと、教育虐待に至るのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る