目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

公開日:

 東京・目黒区で5歳の女児が虐待を受けて死亡したとされる事件では、自宅から「いきがきれるまでうんどうする」「べんきょうする」など約20項目のルールが書かれたメモが見つかっている。その内容から身体的虐待だけでなく、「教育虐待」も行われていたことが見て取れるだろう。

「子どもの受容能力を超えてまで勉強を強要し、そのために身体的、あるいは、言葉や態度による暴力を振るうことが、教育虐待です。『ノー』と言えない親子の力関係の中で、『約束』をさせ、それを破ると『約束を破ったこと』を理由に身体的・心理的な暴力を振るうことも教育虐待に当たる。今回はまさにそのケースです」

 こう話すのは、教育・育児ジャーナリストのおおたとしまさ氏だ。知らず知らずのうちに、心理的に子どもを追い詰めている親は少なくないという。

「教育虐待に陥りやすいのは、正にも負にも学歴コンプレックスを持っている親です。自らの経験に基づいて、『学歴がないと苦労するから』と自分のコンプレックスを晴らす役割を子どもに期待するケースがひとつ。高学歴の親は、そういう生き方しか知らず、子どもが学歴の道から外れようとすると、虐待に進むケースもあります。自分以上の高学歴を得させようと、教育虐待に至るのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る