青学は全滅…ロンブー田村淳の慶大通信入学はアリバイ作り

公開日:

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(44)が、慶応大学・通信教育課程の法学部に入学していたことが分かった。昨年、淳は無料インターネットテレビ局「AbemaTV」の企画で偏差値32から100日間で青山学院大学合格を目指し受験したが、受けた全ての学部で不合格。意気消沈と思いきや、ハフポスト日本版によると、青学大の最後の「不合格」の結果を受け取った翌日に慶大入学のための資料を請求したという。

 ただ、慶大・通信教育課程を甘く見たらいけない。入学する際の門戸は比較的広いが卒業するのは難しい。

「入学の際は書類審査の書類に不備があるか、提出が義務付けられている小論文が日本語になっていないなど大きなマイナスがない限りは合格できるといわれています。通信制の場合は卒業よりも資格取得を目的とする学生が一定数いて、社会人も多くいます。当然働きながら仕事を優先するため、4年で卒業とはいきません。慶大の通信制は最大で12年間在籍可能です。ホームページ上には『平均で8年程度』とあります。単純に入学者数と卒業者数を比較した場合、卒業率は5割にも満たないでしょう。もっと低いという見方もあります」(大学ジャーナリストの石渡嶺司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る