48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

公開日:

「老けたなあ、というのが第一印象でしたが、ブランクを全く感じさせない演技力はさすがでしたね。子役時代から培った基礎がそうさせるのか、彼女が演じる“あの時代に生きた港町のお母さん”がとても自然体に見えました」(コラムニストの桧山珠美氏)

 15日に初回を迎えたTBS系日曜劇場「この世界の片隅に」に出演している仙道敦子(48)。劇場アニメ版が大ヒットロングラン上映となったのは記憶に新しいが、仙道は戦時中に広島・呉に嫁ぐ主人公(松本穂香)の母親役を演じている。23年ぶりの女優業復帰作となったが、カンの鈍りを感じさせないどころか、夫・緒形直人(50)と結婚し2男1女を育てた肝っ玉母ちゃんらしい、いい意味で所帯じみた演技を見せた。

 今回の復帰に至った経緯は、休業前の最後の出演作となった「テキ屋の信ちゃん5」(TBS系)同様、同局の土井裕泰氏が演出を手がける作品だから、などと報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る