• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

「老けたなあ、というのが第一印象でしたが、ブランクを全く感じさせない演技力はさすがでしたね。子役時代から培った基礎がそうさせるのか、彼女が演じる“あの時代に生きた港町のお母さん”がとても自然体に見えました」(コラムニストの桧山珠美氏)

 15日に初回を迎えたTBS系日曜劇場「この世界の片隅に」に出演している仙道敦子(48)。劇場アニメ版が大ヒットロングラン上映となったのは記憶に新しいが、仙道は戦時中に広島・呉に嫁ぐ主人公(松本穂香)の母親役を演じている。23年ぶりの女優業復帰作となったが、カンの鈍りを感じさせないどころか、夫・緒形直人(50)と結婚し2男1女を育てた肝っ玉母ちゃんらしい、いい意味で所帯じみた演技を見せた。

 今回の復帰に至った経緯は、休業前の最後の出演作となった「テキ屋の信ちゃん5」(TBS系)同様、同局の土井裕泰氏が演出を手がける作品だから、などと報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る