48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

公開日:

「老けたなあ、というのが第一印象でしたが、ブランクを全く感じさせない演技力はさすがでしたね。子役時代から培った基礎がそうさせるのか、彼女が演じる“あの時代に生きた港町のお母さん”がとても自然体に見えました」(コラムニストの桧山珠美氏)

 15日に初回を迎えたTBS系日曜劇場「この世界の片隅に」に出演している仙道敦子(48)。劇場アニメ版が大ヒットロングラン上映となったのは記憶に新しいが、仙道は戦時中に広島・呉に嫁ぐ主人公(松本穂香)の母親役を演じている。23年ぶりの女優業復帰作となったが、カンの鈍りを感じさせないどころか、夫・緒形直人(50)と結婚し2男1女を育てた肝っ玉母ちゃんらしい、いい意味で所帯じみた演技を見せた。

 今回の復帰に至った経緯は、休業前の最後の出演作となった「テキ屋の信ちゃん5」(TBS系)同様、同局の土井裕泰氏が演出を手がける作品だから、などと報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る