松坂桃李が非情な殺人マシンの複雑な内面を浮き彫りにした

公開日:

シーエイティプロデュース「マクガワン・トリロジー」

 人気俳優・松坂桃李がIRA(アイルランド共和国軍)の“殺人マシン”ヴィクター・マクガワンを演じる3部作(トリロジー)。作者はアイルランドの作家、シェーマス・スキャンロン。演出は小川絵梨子。

 北アイルランドの宗教紛争は1998年のベルファスト合意により現在では一応、収束した形になっているが、物語は84年から86年にかけて、もっとも紛争が激しかった時代が背景だ。

 ヴィクターはIRAの内務保安部長。二重スパイを摘発する役目を負っているが、そのやり方の過激さから殺人マシンと呼ばれている。

 1部の舞台は、84年、北アイルランドの町、ベルファストにあるIRAのアジトを兼ねたバー。スパイの嫌疑がかけられているアハーン(小柳心)にヴィクターが探りを入れる。

 ジョークを言ったかと思えば、相手を愚弄し、わめき、威嚇し、エスカレートしていくヴィクター。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る