松坂桃李が非情な殺人マシンの複雑な内面を浮き彫りにした

公開日:

シーエイティプロデュース「マクガワン・トリロジー」

 人気俳優・松坂桃李がIRA(アイルランド共和国軍)の“殺人マシン”ヴィクター・マクガワンを演じる3部作(トリロジー)。作者はアイルランドの作家、シェーマス・スキャンロン。演出は小川絵梨子。

 北アイルランドの宗教紛争は1998年のベルファスト合意により現在では一応、収束した形になっているが、物語は84年から86年にかけて、もっとも紛争が激しかった時代が背景だ。

 ヴィクターはIRAの内務保安部長。二重スパイを摘発する役目を負っているが、そのやり方の過激さから殺人マシンと呼ばれている。

 1部の舞台は、84年、北アイルランドの町、ベルファストにあるIRAのアジトを兼ねたバー。スパイの嫌疑がかけられているアハーン(小柳心)にヴィクターが探りを入れる。

 ジョークを言ったかと思えば、相手を愚弄し、わめき、威嚇し、エスカレートしていくヴィクター。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る