ボビー・オロゴン接触事故 現場は地元で有名な“危険地帯”

公開日:

 好事魔多しか――。

 タレントのボビー・オロゴン(45)が29日、東京都台東区内で乗用車を運転中、接触事故を起こしていたことが分かった。

 関係者らによると、ボビーは昼12時40分ごろ、台東区上野2丁目の路上で、片側3車線の一番左側の車線を走行していたところ、次の交差点で左折専用レーンとなることに気づき、直進レーンに車線変更した際、車両の後部が後続の乗用車の前部とぶつかった。けが人はいなかった。

 現場は、上野公園の西郷隆盛像のある入り口付近で、直進するとJR上野駅方面に向かう道路。事故現場前のドラッグストア店員が言う。

「確かにこの場所は、一番左の車線を走っていた場合、地下駐車場に向かう左折専用レーンと分離した直後に、また上野公園方面に向かう左折専用レーンとなるので、JR上野駅まで直進しようとしたら、慌ててもう一車線分、右に寄せないといけません。慣れない人はちょっと慌てる場所だと思います。まして日曜日の昼ともなると、観光客で車道も歩道もごった返しているので、よく事故が起きているみたいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る