HIROKA
著者のコラム一覧
HIROKAダンサー

1984年、北海道生まれ。2006年、「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」のジャパンツアーでバックダンサーを務める。07年、「スーパーボール」のCMに出演。09年、MTVの「America’s Best Dance Crew」シーズン4で日本人女性として初優勝。その後、アメリカの2大テレビ「Ellen」「Oprah」、ディズニーチャンネルにゲスト出演のほか、ジャスティン・ビーバーら数々のミュージックビデオに出演。現在、アメリカと日本を拠点に、ダンスにとどまらず幅広く活躍。

セックステープを流出させて名声を得たキム・カーダシアン

公開日:

 ハリウッドにはお金持ちで、美人で、願うもの全てを既に手に入れているようなセレブがごまんといます。そんな日常生活が当たり前になった彼らの次なる願いは“世界的な名声を得る”こと。お金もコネも全てを投資しても競争率がとても高いため、なかなか頭角を現すことができないもの。そこで手っ取り早い方法が「セックステープ」。その代表選手がキム・カーダシアンです。

 彼女はちまたで自らセックステープを流出させたといわれています。アメリカで莫大な信頼を寄せられている対談番組「Oprah」では司会のオプラが、「あのビデオなしにあなたは今の認知度を保てたと思う?」「ビデオが漏れたことによって内輪の誰かから裏切られたと感じますか?」と詳細かつ鋭く斬り込んでくる質問内容に「確かに私が世界に名が通ったキッカケはあのビデオだった」「ビデオの印象が強すぎて本当の私を世間に知ってもらう努力が10倍以上必要だと感じている」と答えていますが、起爆剤の効果は大きく、同様に自らセックステープをアップする女性たちは後を絶ちません。女性が神聖なる性を売ることで得たものは果たして本当に心から欲していたものなのでしょうか。ハリウッドはある意味恋愛をはじめとする人間関係が全く成り立たない特殊な街なのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る