HIROKA
著者のコラム一覧
HIROKAダンサー

1984年、北海道生まれ。2006年、「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」のジャパンツアーでバックダンサーを務める。07年、「スーパーボール」のCMに出演。09年、MTVの「America’s Best Dance Crew」シーズン4で日本人女性として初優勝。その後、アメリカの2大テレビ「Ellen」「Oprah」、ディズニーチャンネルにゲスト出演のほか、ジャスティン・ビーバーら数々のミュージックビデオに出演。現在、アメリカと日本を拠点に、ダンスにとどまらず幅広く活躍。

セックステープを流出させて名声を得たキム・カーダシアン

公開日:

 ハリウッドにはお金持ちで、美人で、願うもの全てを既に手に入れているようなセレブがごまんといます。そんな日常生活が当たり前になった彼らの次なる願いは“世界的な名声を得る”こと。お金もコネも全てを投資しても競争率がとても高いため、なかなか頭角を現すことができないもの。そこで手っ取り早い方法が「セックステープ」。その代表選手がキム・カーダシアンです。

 彼女はちまたで自らセックステープを流出させたといわれています。アメリカで莫大な信頼を寄せられている対談番組「Oprah」では司会のオプラが、「あのビデオなしにあなたは今の認知度を保てたと思う?」「ビデオが漏れたことによって内輪の誰かから裏切られたと感じますか?」と詳細かつ鋭く斬り込んでくる質問内容に「確かに私が世界に名が通ったキッカケはあのビデオだった」「ビデオの印象が強すぎて本当の私を世間に知ってもらう努力が10倍以上必要だと感じている」と答えていますが、起爆剤の効果は大きく、同様に自らセックステープをアップする女性たちは後を絶ちません。女性が神聖なる性を売ることで得たものは果たして本当に心から欲していたものなのでしょうか。ハリウッドはある意味恋愛をはじめとする人間関係が全く成り立たない特殊な街なのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る