ギャップ萌えで大人気 窪田正孝の“弱点”は極度の人見知り

公開日:  更新日:

 斎藤工(34)がブレーク中の俳優だとしたら、窪田正孝(27)は間違いなくネクストブレーク俳優の筆頭だ。もっとも、若い女子に言わせれば斎藤はもう過去の人で、窪田こそ現在進行形のブレーク俳優となる。それが証拠に、昨年度は検索数が最も急上昇した注目の人物に与えられる「ヤフー!検索大賞」の俳優部門と、オリコンの「2015年ブレイク俳優ランキング」で第1位に輝いている。

 今クールは「臨床犯罪学者 火村英生の推理」では斎藤の相手役を、深夜ドラマ「MARS~ただ、君を愛してる~」ではキスマイの藤ケ谷太輔とダブル主演と、2本のドラマで重要な役柄を演じている。

「クールなイメージなのに本人は超シャイの人見知り。華奢に見えるのに実は超マッチョ。それでいて心に陰のあるような役柄を平然と演じてしまう。出世作ともいえる昨年の主演作『デスノート』では最終回に鬼気迫る演技を見せ、一気に実力を認められた。若い女性から“ギャップ萌えの宝庫”“顔芸の達人”と呼ばれ、最も注目されている若手俳優です。『火村英生』でのキャスティングも、エロ抜きの斎藤で数字が取れるか不安と考えた制作側が“保険”として人気の窪田を起用したと言われているほどです」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る