深夜早朝にひっそりと…民放「戦争関連」番組のお寒い現状

公開日:

 今週15日の終戦記念日を前に戦争関連の番組が放送されている。

 第2次世界大戦の敗戦から73年、風化する戦争の記憶とどう向き合い、歩めばよいのか。テーマ選びひとつとっても苦労の跡がうかがい知れるが、圧巻のラインアップを誇るのは、やはり、NHKだ。

 放送ジャーナリストの小田桐誠氏は、昨年8月に放送されたNHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」や「本土空襲 全記録」などと比べると「今年はやや小粒」と前置きしつつ、「安倍政権への忖度を感じさせる報道姿勢が問われているが、こと戦争関連番組は社会部や報道ドキュメンタリー系のディレクターら現場の気骨を感じる」と評価する。

 たとえば、Nスペでは6日放送から計6本の戦争モノを揃えた。戦争体験者から話を聞く機会が失われようとしているなか、11日放送の「祖父が見た戦場~ルソン島の戦い 20万人の最期~」では、小野文恵アナ(50)が生還兵の証言などを基に比・ルソン島に実母と赴き、戦死した祖父の足跡をたどった。その真実にたどり着こうとする姿に「鶴瓶の家族に乾杯」で見せる笑顔はなく、時折、疲労感をにじませていた(再放送18日深夜25時20分~)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る