深夜早朝にひっそりと…民放「戦争関連」番組のお寒い現状

公開日:

 今週15日の終戦記念日を前に戦争関連の番組が放送されている。

 第2次世界大戦の敗戦から73年、風化する戦争の記憶とどう向き合い、歩めばよいのか。テーマ選びひとつとっても苦労の跡がうかがい知れるが、圧巻のラインアップを誇るのは、やはり、NHKだ。

 放送ジャーナリストの小田桐誠氏は、昨年8月に放送されたNHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」や「本土空襲 全記録」などと比べると「今年はやや小粒」と前置きしつつ、「安倍政権への忖度を感じさせる報道姿勢が問われているが、こと戦争関連番組は社会部や報道ドキュメンタリー系のディレクターら現場の気骨を感じる」と評価する。

 たとえば、Nスペでは6日放送から計6本の戦争モノを揃えた。戦争体験者から話を聞く機会が失われようとしているなか、11日放送の「祖父が見た戦場~ルソン島の戦い 20万人の最期~」では、小野文恵アナ(50)が生還兵の証言などを基に比・ルソン島に実母と赴き、戦死した祖父の足跡をたどった。その真実にたどり着こうとする姿に「鶴瓶の家族に乾杯」で見せる笑顔はなく、時折、疲労感をにじませていた(再放送18日深夜25時20分~)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る