田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

部屋に入りたいと言うけれど…強引に追いかけない貴ノ花関

公開日: 更新日:

 東京にいる時は毎晩タニマチを連れて来店し、店が終わると皆で寿司屋などで食事をし、タクシー2台に分かれます。一台はタニマチ、もう一台に貴ノ花関が乗って私を送ってくれる……この30分だけが2人きりで話せる時間でした。

 朴訥で純粋な彼は、タクシーに乗った時だけ、手を握ったり、「君の部屋が見たい」「部屋で飲み直したい」と言う。それでも断ると「喉が渇いたから水飲ませて」「ちょっとトイレ貸して」と部屋に入るきっかけを探してかわいいことを言うけれど、強引に車を降りて無理やり入ろうとまではしません。力士は遊んでるという印象が強かったのですが、彼とはキスをしたことすらありませんでした。それくらい純粋で一途にお付き合いを望んでいたのです。

 そんな時のお断りのセリフは色恋の定番「お母さんと住んでるから」。銀座で一旗あげて、母に楽をさせてあげたいという気持ちの方が強かったのと、実は一緒に住んでいる男性がいたのです。貴ノ花関は1年ぐらい経つとさすがに諦めたのか、例のおかみさんと結婚されました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る