「カメ止め」に盗作疑惑…原案or原作めぐる泥仕合の行方

公開日:

 異例づくしの大ヒット映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)をめぐり、盗作疑惑が浮上している。発売中の「FLASH」が報じた記事「『カメラを止めるな!』はパクリだ!原作者が怒りの告発」によって明るみとなり、波紋を広げている。

■製作費300万円が興収8億円突破

 都内たった2館から全国累計上映館数200館以上への拡大公開を成し遂げた通称「カメ止め」。製作費300万円という超低予算でこしらえ、自主映画に毛が生えたような作品が、公開後、大手配給会社アスミック・エースの目に留まり、大作級の上映規模にまで。累計興行収入は8億円突破。メディアに引っ張りダコの上田監督は凄腕クリエーター誕生と称賛されまくっている。そんなさなかに“投下”されたパクリ疑惑は、劇団「PEACE」の主宰者だった和田亮一氏の発言を軸に展開されている。

 記事によると「カメ止め」は11年から14年まで上演していたPEACEの舞台に着想を得て企画・製作されているにもかかわらず、原作の表記や劇団名、作品名はなし。和田氏は上田監督や製作したENBUゼミナールとは「原作」クレジットを入れるように交渉したが、要求に応じてもらえなかった。あたかも完全オリジナル脚本のように称賛されているのは認められない。原作者の著作権を侵害するものであり、訴訟の可能性も言及している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る