• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

今頃分かった魅力 映画は「創造」ではなく「破壊」なのだ

 今まで撮ったことのないアクション場面が連続する映画を撮っている。楽しくてしようがない。なぜか? それは日頃のストレスの最大の発散になるからだ。でも、銃の発砲シーンなどではさほど発散できない。それは「弾着」、つまり、家屋の壁や車のボディーに着弾して穴が開いたように見せるために仕掛ける火薬のことだが、それがリアルに写るためには、リアルな破片の飛び散りも仕込まなければならないし、穴の上をパテで塗り固めて隠しておかないといい破裂が撮れないからだ。

 一発の弾着を仕掛けるだけで30分はかかるし、壁の裏に電線コードを這わせておかないとならない。それが機関銃の連射ともなると数百発の穴を前日から開けて作っておかなければならないし、失敗すれば、また1日がかりになってしまう。銃撃場面は逆にストレスがたまるばかりだ。

 我らが、今回挑んでいるアクションは、ならず者たちが敵のアジトの家の窓から部屋の中に、パワーショベル車のバケットの巨大な爪を伸ばして激突してくる場面だ。もちろん、運転手役にはプロ中のプロスタントマンを使って、どう壊してもいい空き家を見つけ、部屋を飾り、人間を住まわせ、そこに突っこませる迫真感が勝負になってくる。CG画像は嘘がバレるから使いたくない。それにワンチャンスしかないのが快感だし、スタッフもそれで一丸となれる。絶好のストレス解消法だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る