映画デビューを飾った 欅坂46平手友梨奈の存在感と破壊力

公開日: 更新日:

 来週14日公開の映画「響―HIBIKI―」(東宝系、月川翔監督)が早くも話題になっている。特筆すべきは主演を務める欅坂46センター、平手友梨奈(17)の破壊力だ。映画初出演にして、初主演。スクリーン以外でも演技経験はほぼゼロである。

 本作は「マンガ大賞2017」大賞を受賞した「響~小説家になる方法~」の実写映像化なのだが、実はこれ、ちょっとした“いわく付き”の作品であった。というのも、第一報の製作発表でキャスティングは明かされず、誰が主人公を演じるのかベールに包まれていたからだ。

 しかも、物語は15歳の現役女子高生がデビュー作で直木賞と芥川賞をダブル受賞する“絵空事”が描かれ、漫画だからこそ成立するストーリーともいわれてきた。実写化することで噴飯ものになりかねないチャレンジングな企画なわけだが、驚くほど主人公と平手のイメージがぴったり。非常にエンターテインメント性の高い作品に仕上がっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る