歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

公開日:

「引退後はプロデュース業に回って若手の育成に励む」

 安室奈美恵(40)に近い音楽関係者の証言として、一部女性誌がそう伝えた。「音楽好きが集う小さなライブハウスやジャズクラブをやりたい」との夢を持っているという見方など、今月で引退した後の動向にも、注目が集まっている。

 当の安室は「歌手としては完結。ステージに戻ることはない」としている。当面は海外旅行を楽しんだりするそうだが、その後はどうするのか。芸能プロデューサーの野島茂朗氏はこう言う。

「安室さんほどの有名人になると、普通の生活に戻るのはまず無理でしょう。人気アーティストは本人のみならず、親族も気苦労が絶えません。チケットやサインを頼まれたり、面会やツーショット写真を懇願されたりしています。引退後も事あるごとにメディアが自宅に詰めかけてくるのは目に見えているし、表で見つかれば、追いかけられる。人の目を気にせずに暮らしたいのならば、どこか海外に移住しなければならない。むしろ、いろいろな経験を世の中に還元するために政界進出して、歌手・安室奈美恵をリセットしてもいいかもしれないですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る