歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

公開日: 更新日:

「引退後はプロデュース業に回って若手の育成に励む」

 安室奈美恵(40)に近い音楽関係者の証言として、一部女性誌がそう伝えた。「音楽好きが集う小さなライブハウスやジャズクラブをやりたい」との夢を持っているという見方など、今月で引退した後の動向にも、注目が集まっている。

 当の安室は「歌手としては完結。ステージに戻ることはない」としている。当面は海外旅行を楽しんだりするそうだが、その後はどうするのか。芸能プロデューサーの野島茂朗氏はこう言う。

「安室さんほどの有名人になると、普通の生活に戻るのはまず無理でしょう。人気アーティストは本人のみならず、親族も気苦労が絶えません。チケットやサインを頼まれたり、面会やツーショット写真を懇願されたりしています。引退後も事あるごとにメディアが自宅に詰めかけてくるのは目に見えているし、表で見つかれば、追いかけられる。人の目を気にせずに暮らしたいのならば、どこか海外に移住しなければならない。むしろ、いろいろな経験を世の中に還元するために政界進出して、歌手・安室奈美恵をリセットしてもいいかもしれないですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る