7度目再放送 「東京ラブストーリー」“録画率”が凄いことに

公開日: 更新日:

 ドジョウは何匹いるのやら……。91年1月期に放送し大ヒットした「東京ラブストーリー」が再放送されている件。来月8日からスタートする織田裕二(50)主演の月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜21時)に先駆け、織田と鈴木保奈美(52)の同作以来、27年半ぶりの共演を盛り上げようと通算7度目の再放送に打って出たわけだ。そんなフジの思惑どおり、第1話(14日)の放送前からSNSでは情報が拡散され、大盛り上がり。放送翌日には視聴率2.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が報じられるも、平日午後帯のメディアミックスα枠での放送だけに、がぜん、「録画視聴」に注目が集まっていた。

■ジャニドラマより多い「信者」

 で、実際、どうだったのか。東芝映像ソリューションが運営する視聴分析システム「TimeOn Analytics」のデータを見てほしい。同時間帯で東京ラブストーリーの前に放送していた桜井翔(36)主演の「謎解きはディナーのあとで」(11年10月期)と、東京ラブストーリー同様“過去の遺産”であり、新シリーズを前に放送した山下智久(33)主演の「コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―」(08年7月期)を合わせた計3番組の3話分の“成績”である。同データは、レグザ利用者のうち視聴ログの収集・使用について許諾を得たテレビ(関東地区で29万台)のみから収集・使用し(第三者に提供する場合は個人が特定できない統計値として提供)、リアルタイム視聴を「ライブ率」、録画再生視聴を「再生率」、そして、ライブ率と再生率を合算したものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る