7度目再放送 「東京ラブストーリー」“録画率”が凄いことに

公開日: 更新日:

 ドジョウは何匹いるのやら……。91年1月期に放送し大ヒットした「東京ラブストーリー」が再放送されている件。来月8日からスタートする織田裕二(50)主演の月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系、月曜21時)に先駆け、織田と鈴木保奈美(52)の同作以来、27年半ぶりの共演を盛り上げようと通算7度目の再放送に打って出たわけだ。そんなフジの思惑どおり、第1話(14日)の放送前からSNSでは情報が拡散され、大盛り上がり。放送翌日には視聴率2.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が報じられるも、平日午後帯のメディアミックスα枠での放送だけに、がぜん、「録画視聴」に注目が集まっていた。

■ジャニドラマより多い「信者」

 で、実際、どうだったのか。東芝映像ソリューションが運営する視聴分析システム「TimeOn Analytics」のデータを見てほしい。同時間帯で東京ラブストーリーの前に放送していた桜井翔(36)主演の「謎解きはディナーのあとで」(11年10月期)と、東京ラブストーリー同様“過去の遺産”であり、新シリーズを前に放送した山下智久(33)主演の「コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―」(08年7月期)を合わせた計3番組の3話分の“成績”である。同データは、レグザ利用者のうち視聴ログの収集・使用について許諾を得たテレビ(関東地区で29万台)のみから収集・使用し(第三者に提供する場合は個人が特定できない統計値として提供)、リアルタイム視聴を「ライブ率」、録画再生視聴を「再生率」、そして、ライブ率と再生率を合算したものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る