主演俳優ノーギャラ…「カメ止め」28億円ヒットの裏の悲哀

公開日: 更新日:

 興収28億円を超える大ヒットとなった日本映画「カメラを止めるな!」の主演俳優、濱津隆之(37)がノーギャラだったことを明かし、話題だ。

 製作費300万円の低予算でスタートしたことは知られているとはいえ、出演料ゼロ円では俳優業は立ち行かない。日本テレビ系「行列のできる法律相談所」にゲスト出演した濱津はバイト生活をしているとし、現在は「ラブホテルで風呂場をひたすら清掃しています」などと語った。母親と2人で実家に暮らし、彼女は10年以上いない。たくあんとご飯が好きな一方、「死ぬまでに高級な肉を食べてみたい」とグルメへの憧れを吐露していた。

 濱津は埼玉県出身で大学卒業後、1年間のアルバイトで稼いだ資金を元手に吉本興業の芸能学校「NSC(吉本総合芸能学院)」に入学。お笑いコンビを結成したり、DJになったり、紆余曲折あって、30歳目前に役者を志望。その後フリーとして、小劇場を中心に活動してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  7. 7

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

  10. 10

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

もっと見る