唐沢寿明「ハラスメントゲーム」 ドラマ界の傾向に一石も

公開日: 更新日:

 視聴率は初回5.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、2話目は微増の5.5%と、決して高視聴率とはいえないのに、評価が圧倒的に高いのが唐沢寿明主演「ハラスメントゲーム」だ。テレビ東京が「働く人のための連続ドラマ」と銘打って、今春からスタートさせたドラマ枠「ドラマBiz」の3作目に当たる。

 ネットの感想は「演技に引き込まれて夢中で見た」「結末で泣けた」「唐沢寿明の代表作になりそう」など、大絶賛が多数。ついにはテレビ東京の社長までが、定例会見で「皆さんにご覧になることをお勧めするドラマです。私も社長として、勉強になる」と言及したほど。

「視聴者やテレ東社長を感動させたのは、おそらく第1話のラスト。傘下のスーパーで起きた異物混入事件で唐沢が下した結論でしょう」と話すのはテレビ東京関係者。

 ネタバレになるが、犯人はかつて店長に注意されたことを逆恨みした社員。その社員に対し唐沢は「(店長が注意したのは)あなたのようなクズ中のクズを見捨てず育てようとしたからです。間違っているのに注意すらしないことを『見殺し』と言う。その方がよほど残酷で、無慈悲なパワハラなんだ」と啖呵を切る。しかも、唐沢は、「今回は被害も出ていない。僕がのみ込めば会社は守れる」と、社長に真相を報告しなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る