唐沢寿明「ハラスメントゲーム」 ドラマ界の傾向に一石も

公開日: 更新日:

 視聴率は初回5.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、2話目は微増の5.5%と、決して高視聴率とはいえないのに、評価が圧倒的に高いのが唐沢寿明主演「ハラスメントゲーム」だ。テレビ東京が「働く人のための連続ドラマ」と銘打って、今春からスタートさせたドラマ枠「ドラマBiz」の3作目に当たる。

 ネットの感想は「演技に引き込まれて夢中で見た」「結末で泣けた」「唐沢寿明の代表作になりそう」など、大絶賛が多数。ついにはテレビ東京の社長までが、定例会見で「皆さんにご覧になることをお勧めするドラマです。私も社長として、勉強になる」と言及したほど。

「視聴者やテレ東社長を感動させたのは、おそらく第1話のラスト。傘下のスーパーで起きた異物混入事件で唐沢が下した結論でしょう」と話すのはテレビ東京関係者。

 ネタバレになるが、犯人はかつて店長に注意されたことを逆恨みした社員。その社員に対し唐沢は「(店長が注意したのは)あなたのようなクズ中のクズを見捨てず育てようとしたからです。間違っているのに注意すらしないことを『見殺し』と言う。その方がよほど残酷で、無慈悲なパワハラなんだ」と啖呵を切る。しかも、唐沢は、「今回は被害も出ていない。僕がのみ込めば会社は守れる」と、社長に真相を報告しなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る