芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

公開日: 更新日:

 朝ドラの収録中はユーコ役の清野菜名(24)も交えた3人で、役作りについて真剣に議論をしてきたという。3人は“反省会”と称した食事会をこれまでに何度か開いたことがあるらしいが、芸能記者たちが“ボクテ”に疑いの目を向けるようになったのは、決定的! ともいえる写真が永野のツイッターに突如としてアップされたためだ。永野も同じカットを撮っているが、志尊のツイートを、永野がわざわざリツイートしている。

 東京・西麻布にある高級焼き肉店で9月24日生まれの永野の誕生日祝いをしたという。3人の仲の良さは写真からも伝わってくるが、アップされた直後、密かに取材を進めていた記者たちは、思わず驚きの声をあげたそうだ。

「あの写真はカムフラージュの疑いがあると見ています。永野と志尊のツーショットはまずいので、清野に協力してもらいスリーショットの絵作りをしたという疑惑です。そんな紛らわしい写真をわざわざSNSにアップするのはどうかという意見もありそうですが、あの世代の男女が恋人と真剣交際をすると、世間にアピールしたくなることもあるといいます。もしかしたら志尊が永野ではなく清野と交際しているという可能性もあります。それだと少し扱いは低くなりますが、決定的な写真が撮れたら一応、“スクープ”にはなるでしょうね」(ベテランカメラマン)

 現在、永野は来春公開予定の映画「君は月夜に光り輝く」の撮影中で、栃木県足利市と神奈川県横浜市で忙しいスケジュールをこなしている。記者たちは息を潜めて永野の動向を追い続けている。
(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る