B.メイが明かす 映画「ボヘミアン・ラプソディ」製作秘話

公開日:  更新日:

 日本でも大ヒット上映中の英ロックバンド「クイーン」の故フレディ・マーキュリーの半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」。メンバーでギタリストのブライアン・メイ(71)と、ドラマーのロジャー・テイラー(69)が音楽プロデューサーとして製作に深く関わったとされている。

 そのブライアンが、英音楽誌「クラシック・ロック」(11月27日付電子版)に、製作秘話を語り、注目を集めている。

 以下、ストーリーに触れる記述があるので、まだ映画を見ていない人はご注意を!

 映画の後半、クイーンが成功を収めた後、フレディがメンバーに相談せずに勝手にCBSと400万ドルでソロ契約を結び、メンバーたちに事実上の解散を通告する場面がある。

 ラミ・マレック(37)が演じる増長したフレディが、ブライアンに、自分がいなければ「おまえは誰も読まない論文を書いている天文学者」、ロジャーには「ただの歯科医」、ベースのジョン・ディーコンには「何も思い浮かばない」などと暴言を吐き、クイーンがバンドとして崩壊する決定的な瞬間を描いたシーンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る