男も共感できる 「Ballet Gents!」公演と宮尾俊太郎の魅力

公開日:

 熊川哲也主宰の「Kバレエカンパニー」のBallet Gents!が22日、TBS赤坂ACTシアターで舞台を開催。同ユニットは座長の宮尾俊太郎(34)を含む5人のイケメンバレエダンサーで構成。TBSプロデューサーの津村有紀氏が「男性こそ見て欲しい」と公演の魅力を語った。

 バレエといえば女性ファンが多いイメージだが。

「この作品は、バレエあり、ダンスあり、芝居あり、さまざまなパフォーマンスのいいとこどりで構成されています。劇団☆新感線や武富士のCMでおなじみの川崎悦子さんが振り付けを担当するなど、バレエに興味のない人でも入りやすい。一般的に、バレエは女性が主役というイメージがありますが、Ballet Gents!は男性ダンサーにフォーカスがあたっているので、男女の恋模様でも男性を軸に見ることができます」

 宮尾は「下町ロケット」(TBS系)にも出演、ドラマ、バラエティーなど活躍の幅を広げている。

「宮尾さんは存在感があり、日本で最もタイツの似合う男と評されるほど脚が長い。彼を中心に見るのもひとつの手。いい男のしぐさのお手本にもなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る