“坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

公開日:

 快進撃は継続中だ。

 オリコンが先月末に発表した「第11回オリコン年間本ランキング2018」で、石田ゆり子の「Lily―日々のカケラ―」(文芸春秋)が推定約16万8000部を売り上げ、「写真集部門」で3位にランクイン。ベスト10のうち、他の9冊が乃木坂46や欅坂46の“坂道グループ”が占める中、ひとり気を吐いた。

 16年秋にドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の独身女性役が話題となり、約170万人のフォロワーを集めるインスタグラムも人気に。デビュー30年目にして“奇跡の48歳”として再ブレーク以降、映画、ドラマ、CMのオファーが途切れることなく続いている。

 しかし来年、誕生日を迎えると50の大台。“五十路”間近で、インスタの投稿からは時折、健康の不安も見え隠れする。8月後半には「なんだか夏バテ」「疲れてる」などと投稿。海外で映画撮影中と思われた11月5日から17日の間は投稿は途絶え、17日には「今日の撮影はこの世のものとは思えないほどバタバタだった」、12月3日には、クランクアップ後の2日間「石灰性腱炎」で右肩の激痛に悩まされていたことを投稿した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る