城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

成田凌と破局報道で感じた 戸田恵梨香に「大女優」の予感

公開日:

 12月に入って、ふたりの女優の破局が報道された。大女優の鈴木京香(50)と、売れっ子の戸田恵梨香(30)だ。

 鈴木のお相手と言われていた長谷川博己(41)は、鈴木のマンション近くに住んでいたのだが、引っ越してしまい、その関係が終了したとみられている。戸田も、俳優の成田凌(25)との交際が昨秋に発覚し、今年の夏までは順調に付き合っていたはずだが、秋に関係を解消したというのだ。

 このふたりの話を立て続けに耳にして、僕は逆に戸田は「将来、大女優になるに違いない」と感じた。それには理由があって……。

 鈴木と長谷川は、2010年のドラマ共演から交際し、長谷川が鈴木の自宅で暮らすようになり、同棲状態が長く続いた。芸能マスコミの間では、いつ結婚となってもおかしくないと言われ続けていた。鈴木は言わずと知れた大女優で、CM単価も高く、仕事を“選ぶ”ことのできる数少ない存在だ。その恋人としてクローズアップされた格好の長谷川は、交際がスタートした頃からその話題性もあって次々に仕事が拡大し、映画「シン・ゴジラ」の主役をはじめ、数々の映画やドラマで主演を張る俳優となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る