数字はテレ朝勝利も…日テレ「今日俺」がもたらした“功績”

公開日: 更新日:

 10-12月期の連ドラも、結局、テレビ朝日が強かった。

 米倉涼子主演の「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」が全9話平均15・6%でフィニッシュ。2クールある水谷豊主演「相棒」の前半9話平均15・3%を押さえ、秋クールのトップとなった。

 全話平均2ケタをクリアしたのは、他に「下町ロケット」(TBS系)、「科捜研の女」(テレビ朝日系)、「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)、「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)。

「一般的に言われる“視聴率”は、録画や配信による視聴はカウントされず、オンタイムでの数字です。ドラマ不況といわれて各局が頭を悩ませている中、放送時間にテレビに向かえるシニア層が安心して見られるドラマ作り、というのがテレ朝の強みです」(テレビ誌記者)

■“今日俺ロス”を訴えるファンが多数

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  6. 6

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  7. 7

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  8. 8

    五輪優先に選手特権…コロナ敗戦は例を見ない深刻なものに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る