数字はテレ朝勝利も…日テレ「今日俺」がもたらした“功績”

公開日: 更新日:

 10-12月期の連ドラも、結局、テレビ朝日が強かった。

 米倉涼子主演の「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」が全9話平均15・6%でフィニッシュ。2クールある水谷豊主演「相棒」の前半9話平均15・3%を押さえ、秋クールのトップとなった。

 全話平均2ケタをクリアしたのは、他に「下町ロケット」(TBS系)、「科捜研の女」(テレビ朝日系)、「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)、「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)。

「一般的に言われる“視聴率”は、録画や配信による視聴はカウントされず、オンタイムでの数字です。ドラマ不況といわれて各局が頭を悩ませている中、放送時間にテレビに向かえるシニア層が安心して見られるドラマ作り、というのがテレ朝の強みです」(テレビ誌記者)

■“今日俺ロス”を訴えるファンが多数

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る