小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

真の「カメレオン俳優」は現場の空気で存在感を変えられる

公開日: 更新日:

 前々回〈役名で覚えられる人でありたい〉などと書きましたが、最近もっぱら「“しゃべくり”に出てた人」と呼ばれるようになり、だったらいっそ本名で覚えてもらいたいと思わないでもない複雑なお年頃、小手伸也です。

 先日、とあるインタビューの現場で、僕の役柄の振り幅をして「カメレオン俳優」と評していただいたことがありまして、それは「役によって印象がガラリと変わる俳優」に対する賛辞の王道として、大変に光栄なことではあるんですが、そもそもいろんな役ができるというのは俳優として当然のスキルであり、その上で特に「カメレオン」と評される意味とは何か……そこにちょっと引っかかるといいますか、実はその定義について個人的にモヤッとしていたんです。が、つい最近その答えの一端が遠藤憲一さんにあると気付きました。

 エンケンさんが多彩な演じわけのできる方というのは周知の事実なわけですが、今回改めて「私のおじさん」で共演させていただき、一番感じたのは「とても合わせ上手な方」ということでした。現場では何の壁も上下もなく、むしろ若輩の僕らの輪の中で違和感すら抱かせることなく雰囲気を共有し、「気のいいオジサン」として僕らを和ませてくれます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  8. 8

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る