小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団innerchild主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。現在はNHK連続テレビ小説「なつぞら」(アニメーション編)、8月8日スタートのドラマ「奪い愛、夏」(AbemaTV)に出演。続く10月期クールはドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系)に不動産会社の社長役で出演。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ45歳。

真の「カメレオン俳優」は現場の空気で存在感を変えられる

公開日: 更新日:

 前々回〈役名で覚えられる人でありたい〉などと書きましたが、最近もっぱら「“しゃべくり”に出てた人」と呼ばれるようになり、だったらいっそ本名で覚えてもらいたいと思わないでもない複雑なお年頃、小手伸也です。

 先日、とあるインタビューの現場で、僕の役柄の振り幅をして「カメレオン俳優」と評していただいたことがありまして、それは「役によって印象がガラリと変わる俳優」に対する賛辞の王道として、大変に光栄なことではあるんですが、そもそもいろんな役ができるというのは俳優として当然のスキルであり、その上で特に「カメレオン」と評される意味とは何か……そこにちょっと引っかかるといいますか、実はその定義について個人的にモヤッとしていたんです。が、つい最近その答えの一端が遠藤憲一さんにあると気付きました。

 エンケンさんが多彩な演じわけのできる方というのは周知の事実なわけですが、今回改めて「私のおじさん」で共演させていただき、一番感じたのは「とても合わせ上手な方」ということでした。現場では何の壁も上下もなく、むしろ若輩の僕らの輪の中で違和感すら抱かせることなく雰囲気を共有し、「気のいいオジサン」として僕らを和ませてくれます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  8. 8

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る