城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

笑いで生きた師匠を笑いで…明石家さんまが会見しない理由

公開日: 更新日:

 明石家さんま(63)の師匠、笑福亭松之助さん(享年93=写真円内)が亡くなったことが報じられた。

 その翌日、さんまは大阪「COOL JAPAN PARK OSAKA」のこけら落とし公演に出演した中で、ドタバタコメディーの最中、師匠のエピソードを語り、さんまが死にそうになるシーンでは「師匠、すぐおそばに行きます」とギャグにして笑いを取っていた。さんまにしてみれば、大阪では誰もが知っている師匠が亡くなったことを話題に出すのは当然のことだった。

 これまで、何人もの有名落語家の訃報に接し、取材もしたが、お弟子さんら落語家仲間の口から出てくるのは、その人物の面白さばかりだ。

 例えば、笑福亭鶴瓶の師匠にあたる、故・笑福亭松鶴さんが亡くなった時、鶴瓶はもちろん、他の弟子も「病院で亡くなった時、3階の病室には奥さんと親族が集まって大泣きしてはりました。1階のロビーには、状況のわからないマスコミの皆さんが凄い厳しい顔をして走り回っていて、すごい図でしたわ。2階には弟子が集まって、あの師匠の破天荒な話が次々に出て、みんな大爆笑でした」と言って笑いを取っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る