佐藤浩市×渡辺謙が明かした映画「Fukushima50」出演の覚悟

公開日: 更新日:

 東日本大震災時の福島第1原発事故を描いた映画「Fukushima50」(2020年公開)のクランクアップ会見が17日、都内で行われ、キャストの佐藤浩市(58)と渡辺謙(59)が登壇した。

「Fukushima50」とは、事故発生後も現場に残り続けた作業員のこと。欧米メディアが当時この呼称を使用した。

 原作は関係者90人以上に独自取材した門田隆将によるノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(KADOKAWA)。

 事故当時、福島第1原発1・2号機の当直長だった伊崎利夫を佐藤が、福島第1原発所長・吉田昌郎を渡辺が演じる。監督は映画「沈まぬ太陽」の若松節朗。

 重いテーマの作品を前に、会見では「この映画で社会に何を投げかけたいか」と問われ、佐藤は、「まだ8年なのか、もう8年なのか……いろいろな受け止め方がある中で、単なる是か非かだけではなく、見ている方がおのおの感じていただきたい」と答え、渡辺は、「あのときこんなことがあったということを提示することで、単なる反原発ということではなく、事実を検証する材料にして欲しい」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  9. 9

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

  10. 10

    NHK「あさイチ」ピンチ テレ朝に負け続け打ち切りも視野か

もっと見る