由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

新譜のタイトルはもう一度人生を始める初めの一歩の意味

公開日: 更新日:

 50年という半世紀を歌ってきましたが、今はその区切りの時期だと思っています。新しいアルバムは私の歌い手人生で最後になるのかわからないけれど、若い世代が私のことをどう思っているのか、気になる存在なのか、興味ないって言われてしまうのか、知っておきたくて、若い人たちにオリジナル曲を書いてもらいました。51年目からの自分にチャレンジする意味を込めてね。

 これから先、過去の財産だけを歌っていくのは嫌だなって思ったんです。それで新しいアルバムのタイトルを「BEGINNING~あなたにとって~」にしたの。もう一度、この人生を始める初めの一歩という意味。アルバムのジャケットでも私、一歩踏み出してるんです。

 それで亀田誠治さんにプロデュースをお願いしました。彼とは以前からずっと「いつかまた仕事したいね」って話していて、機が熟した時に大事な一枚をお願いしたくて4年越しでやっと実現しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る