二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

SMAPに再結成の可能性は…活動休止と解散の違いとは?

公開日: 更新日:

 平成30年間のCD売り上げやカラオケ利用度の集計がJASRACから発表された。曲別で最も多かった楽曲にはSMAPの「世界に一つだけの花」が輝いた。

 解散騒動でさらにCDの売り上げが伸びるなどあったが、誰もが口ずさめる名曲は安倍首相からも紹介された。元号が「令和」に決まった4月1日、「世界に――」を持ち出し、「次の時代を担う若者たちが明日への希望と共に、それぞれの花を大きく咲かせることができる」と語った。平成を代表する楽曲とアーティストの名は時代を超えて語り継がれていくことになる。

「SMAPはファンの枠を超えたヒット曲がある。楽曲だけ見ても数々のグループを輩出するジャニーズのなかでもSMAPは別格だったことを痛感します」(音楽関係者)

 解散して丸2年。ファンの間からは依然として再結成待望論が出ているが、せめてメンバー5人による生歌を平成最後に聴きたいと誰もが思うものだが、かなうことなく平成は終わろうとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る