池部幾江を怪演 大竹しのぶが瀕死の「いだてん」を救う?

公開日: 更新日:

 視聴率低迷にあえぐ大河ドラマ「いだてん」で、ベテラン女優、大竹しのぶ(61)の強烈な演技が話題だ。大竹が演じるのは、主人公・金栗四三(中村勘九郎)の故郷、熊本の資産家である“池部家のおかみさん”こと池部幾江。

 幾江の息子は、医者の娘である春野スヤ(綾瀬はるか)と結婚したが、ほどなく病死。幾江は池部家を存続させるため、四三を養子に取り、スヤと結婚させて跡取りを残すことに腐心する。池部家はマラソンに打ち込む四三の金銭的なスポンサーでもあり、幾江は四三とスヤがお見合いをした第14話(4月14日放送)以降、出番が増えている。

 スヤはその後、四三と結婚し、四三のよき理解者となっていくのだが、幾江が豪快な肥後弁で、四三の生家に住む兄(中村獅童)の元へ再三怒鳴り込んでいくシーンは迫力満点。他の演者を一気に食ってしまう破壊力なのである。SNS上でも、「大竹しのぶの女優としての凄さがわかるな」「大竹しのぶさん演じる幾江さんの肥後弁も、スヤさんのために怒り狂うのも、本当に熊本のおばちゃんにしか見えないのも素晴らしすぎる」など大反響。作家の麻生千晶氏はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る