描写が物議も…相棒シャブ山シャブ子怪演の江藤あやって?

公開日:

 テレビ朝日系人気ドラマ「相棒」の7日放送回のチョイ役「シャブ山シャブ子」が、賛否両論の物議を巻き起こしている。薬物中毒の女(シャブ子)の怪行動や奇声を上げる演技が話題となり、わずか2分程度の出演ながらツイッターでトレンド1位。関東で瞬間最高16.2%を叩き出した。

 一方で、12日には医療の専門家がニュースメディアを通じ、「本物の薬物依存症とは異なる。差別を助長する恐れがある」と懸念を示すなど、思わぬ波紋を広げている。ところで、今回の“怪演”で良くも悪くも大きな注目を浴びたシャブ子役、一体どんな女優なのか?

 その女優とは、江藤あや。愛知県知多市出身の44歳である。もともと「相棒」は、脇役に小劇団やインディーズ映画に出演している個性的な実力派をキャスティングしており、今回は所属の「オフィスMORIMOTO」が役柄にふさわしいとして、江藤の宣材写真を持って営業し、オファーを得たという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る