視聴率か共感か 吉高由里子主演「わた定」が占うTVの未来

公開日: 更新日:

 4月スタートの連ドラも後半戦に。窪田正孝(写真右)主演の「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系月曜21時~)が第6話(13日放送)で13.2%と初回を上回り、“テレビ朝日上位安定”の視聴率レースに割って入りそうな勢いを見せた。

■フジ月9は“テレ朝路線”だが…

「言い尽くされていますが、やはり1話完結、医療・ヒューマンものは、法曹・警察ものと同様にリアルタイムでテレビを見る層に受け入れられやすく、視聴率に直結しやすいですね」(テレビ誌ライター)

 月9は前クールの「トレース~科捜研の男~」で「月9のテレ朝化」なんて揶揄もされたが、「数字を取りにいって、そこそこの数字を取れているのだから、その傾向は続きます」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る