視聴率か共感か 吉高由里子主演「わた定」が占うTVの未来

公開日: 更新日:

 4月スタートの連ドラも後半戦に。窪田正孝(写真右)主演の「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系月曜21時~)が第6話(13日放送)で13.2%と初回を上回り、“テレビ朝日上位安定”の視聴率レースに割って入りそうな勢いを見せた。

■フジ月9は“テレ朝路線”だが…

「言い尽くされていますが、やはり1話完結、医療・ヒューマンものは、法曹・警察ものと同様にリアルタイムでテレビを見る層に受け入れられやすく、視聴率に直結しやすいですね」(テレビ誌ライター)

 月9は前クールの「トレース~科捜研の男~」で「月9のテレ朝化」なんて揶揄もされたが、「数字を取りにいって、そこそこの数字を取れているのだから、その傾向は続きます」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る