好調「わた定」主人公と吉高由里子にタブる媚びない生き方

公開日: 更新日:

「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)の評判がいい。吉高由里子(30)が演じる“残業しないヒロイン”に共感の声が寄せられているのだ。ネットでは〈細やかな楽しみのために働くことも大切だと思い知らされた〉〈定時で帰ることでも自分を癒やすことができることを教えられた〉などといった書き込みが目立つ。

「上司や同僚に媚びない主人公の生き方が実物の吉高のイメージと重なり、大きな共感を呼んでいるのだと思います。どうしても会社員は周囲の視線を気にしがちですが、同調圧力に屈しない彼女のたくましさに憧れを抱く人も多いのでしょう」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 吉高と言えば“媚びない”だけでなく、多くの俳優やアーティストと恋愛を重ねてきた“モテキャラ”の一面もある。

 2009年はドラマ「ラブシャッフル」で共演した玉木宏との熱愛が発覚。翌年に破局すると、flumpoolのギタリスト尼川元気との交際が報じられた。その後もRADWIMPSの野田洋次郎との熱愛が話題になり、16年には関ジャニ∞大倉忠義との“マンションに通い愛”をフライデーされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る