三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

東京出身の芸人に憧れ…地方出身の落語家は苦労する?

公開日: 更新日:

 先週木曜日、駅の売店でゲンダイを買ってるおじさんに「明日金曜日も買ってね、僕連載してるから!」って声かけたら、「鬼丸さん? 読んでるよ」と答えてもらいましたゲンダイ草の根運動開催中の三遊亭鬼丸です。

 ところで今週は我らが演芸界の至宝、紙切りの林家正楽師匠が連載をしてます。正楽師匠と一緒に飲んでいつも感じることに「東京出身の芸人だなぁ」というのがあります。江戸っ子でぇいなんて落語の中では言ってても、意外と落語界でちゃんと東京出身の人って多くはないんですよね。正楽師匠の世代だとまだ東京出身の方が多いですが、我々世代なんか東京出身は数えるほど。ここでの東京っていうのは、まぁその、あれですよ、23区じゃないところはまぁそういうことで。

 さて芸人が東京出身で子供の頃から親や祖父母に寄席に連れて行かれながら演芸に興味を持ってこの世界へってのは我々の世界ではエリートコースですよね。東京出身芸人のカッコいいところは、なまらない、東京の土地勘がしっかりある、古い芸人のこともよく知ってて、さらに普段の振る舞いもスマート。そしてちょっとシャイ。もちろん正楽師匠は全部該当しますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

もっと見る