紙切りの基本は「動物」…馬、牛、虎、ウサギと十二支から

公開日: 更新日:

 林家正楽こと本名・秋元真は1948年1月生まれ、今年71歳である。1966年に高校を卒業、某カメラ会社に就職した。

「ところが、仕事がつまらなくて、早くやめたいと思ってた。寄席に通い出して、8月に末広亭で初めて2代目正楽の高座を見たんです。当時はまだ小正楽でした。その時、神様が降りてきて、『おまえは紙切りをやるんだ』と言われたような気がした。天啓というやつですね。師匠の住所を調べたら、埼玉県春日部市一ノ割だって。どこなんだって話ですよ」

 2代目正楽は先代林家正蔵(後の彦六)に弟子入りしたが、なまりがきつかったため落語家を断念して紙切りに転向、初代正楽に師事した。人柄の良さと、紙を切る間のおしゃべりのなまりが味になって、多くの客に愛された。

「師匠宅の前まで行ったものの、家族や友達とまるで違う芸人の世界に入ることに踏み切れなくて会わずに帰ってきた。それで、決心が付いてから弟子入り志願の手紙を書いたんです。すると返事が来て、まだ弟子を取る身分じゃないけど、紙切りを教えるだけならいいですよって。優しいでしょ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る