小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

山里さん&蒼井さんの結婚報道を見て思う「捨てる」の覚悟

公開日: 更新日:

 昨年10月に始まった当コラムもついに連載30回! 「続けることに意義がある」という信条のもと役者人生を歩んできた身としては、何事も始めたことには責任を持ちたい、この連載もまたしかり、というわけで小手伸也です!(華のある人生を過ごすその日まで)

 さて、そんな「継続」というテーマで最近、演劇人として動揺を禁じ得なかったニュースといえば、「演劇集団キャラメルボックス」の活動休止とその運営事務所の倒産。僕もかつて大手舞台制作会社の倒産に巻き込まれ、四十路にしてバイト生活を再開した過去があるので(皆さまご存じ)、金銭的な内情を思うと複雑な気持ちになるのですが、それ以上に「キャラメルボックス」という業界的にも一流のブランド、早稲田出身の先輩劇団として常に憧れの対象であり、多くの同業者に影響を与え続けた彼らですら「継続」は難しいこの時代に、改めて演劇界の未来を考えてしまいました(自分の劇団を10年近く休止している身で偉そうなことは言えませんが、復活は必ずあると信じています)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

もっと見る