直撃取材に貴理子「ワーッ」元夫と“離婚後も同居”の不可解

公開日: 更新日:

「ワーッ、ごめんなさい」と言って、磯野貴理子(55)は逃げていったそうだ。2012年に再婚した24歳年下のバーテンダーT氏との離婚をこのほど明らかにし、一部マスコミが都内自宅前で直撃取材したときのこと。

 貴理子は離婚理由について、この元夫から「自分の子供が欲しい」と言われたとTVで話し、物議を醸した。「そうかそうか、わかった」などと受け入れたこともサバサバした表情で打ち明けたことで、貴理子に同情し心配する声が世間からあがったものだ。そうしたなか、女性自身は最新号で、元夫が離婚後も貴理子のマンションから出ていくことなく、同居生活が続いていると報じた。直撃取材から逃げたのは、そのことを質問されるのを恐れたのだろうか。

 離婚する場合、どちらが言いだすにしても、言いだす前に別居するか、離婚と同時に同居を解消するという。とりわけ女の場合、姓の変更などの手続きもあるし、次の出会いの可能性を考えると障害になりかねず、迷惑になるとの専門家の分析を同誌は伝えている。その通りだろうが、貴理子の場合、出入りを許すばかりか、マンション駐車場の使用も許しているそうだ。元夫に対して寛容なのは悪いことではないだろうが、貴理子はそのあたりをどう考えているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る