奄美出身の中孝介さん 黒糖の香りで蘇る祖父の家と夏の記憶

公開日: 更新日:

「花」などのヒット曲でおなじみの歌手・中孝介さん(38)。酒はかなりイケる口で、好みは地元・奄美で幼少の頃に嗅いだ黒糖の香り漂う、30度以上の焼酎だという。

 ◇  ◇  ◇

 初めてお酒を飲んだのは21歳の時に、地元の奄美で。自分が酒を飲める人間とは思ってなかったので、それまでまったく飲まなかったけど、周りの友だちが酒飲みばかりなので、焼酎を飲まされたんです。

 友だちはみんな奄美の黒糖焼酎を延々と飲むんですよ。最初は決しておいしいとは思わなかったけど、付き合わされて飲んでいるうちに、どんどん飲めるように。アルコール30度の焼酎が好きになりましたよ。それもロックで(笑い)。

 21歳から大学に入って沖縄に行くと泡盛をおもに飲みましたね。ロックはもちろんですけど、泡盛のコーヒー漬けも好きになりました。コーヒー豆に漬けて3~4日置いて、豆がすべて瓶底に沈殿したら飲みごろ。梅酒みたいな感じ。味はコーヒーの方が勝ってますから結構、飲みやすいけど、つい飲み過ぎると次の日ヤバイんです(笑い)。ミルクを足してラテっぽくして飲んでる女性もいましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る