リンゴとバナナ 外国人に日本酒を紹介するなら単語2つでOK

公開日:

 空前の日本酒ブームである。清酒の輸出量は8年連続で過去最高を更新し、今秋にはロンドンで、日本酒普及活動をしている「酒ソムリエ協会」が日本酒専門のマスターソムリエ資格を開設するなど、SAKEムーブメントが世界中に広がっている。

 だが、外国から遊びに来た友人にうまい日本酒を紹介したいと思っても、なんとなく二の足を踏んでしまうことがある。日本酒は原料の米に始まり、地域、銘柄、蔵元と説明する要素が多種多様な上、外国人との「共通言語」がなかなか浮かばないからだ。

 そんな悩みをズバリ解決してくれるのが、アメリカ・コロラド州出身のジェロム・リードさんだ。かつて新潟県の今代司酒造で広報マネジャーを務め、酒蔵見学に訪れる外国人に向けた日本酒ツアーを提供してきた経験から、「大丈夫です。難しく言う必要はまったくありません」と断言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る