リンゴとバナナ 外国人に日本酒を紹介するなら単語2つでOK

公開日: 更新日:

 空前の日本酒ブームである。清酒の輸出量は8年連続で過去最高を更新し、今秋にはロンドンで、日本酒普及活動をしている「酒ソムリエ協会」が日本酒専門のマスターソムリエ資格を開設するなど、SAKEムーブメントが世界中に広がっている。

 だが、外国から遊びに来た友人にうまい日本酒を紹介したいと思っても、なんとなく二の足を踏んでしまうことがある。日本酒は原料の米に始まり、地域、銘柄、蔵元と説明する要素が多種多様な上、外国人との「共通言語」がなかなか浮かばないからだ。

 そんな悩みをズバリ解決してくれるのが、アメリカ・コロラド州出身のジェロム・リードさんだ。かつて新潟県の今代司酒造で広報マネジャーを務め、酒蔵見学に訪れる外国人に向けた日本酒ツアーを提供してきた経験から、「大丈夫です。難しく言う必要はまったくありません」と断言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る