5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

公開日: 更新日:

 NHKの局内向けのケジメはさておき、気になるのは6%台の低い数字にまで落ち込んでしまった「いだてん」の今後だ。

「上田会長は否定していますが、5%台を割ったら途中打ち切りもあると見ています。大河ドラマはNHKの看板番組であり、大切な枠をこれ以上ミジメなままにしておけないと憤っている局幹部がいます。場合によって、来年の大河『麒麟がくる』に悪影響を及ぼす危険性もあるから、懸念する幹部がいるのも当然です。局内では打ち切りとは対外的にアナウンスせず、『いだてん』を静かに終わらせる方法の模索が始まっています」(テレビ関係者)

 そのひとつが特別番組による差し替えだ。「いだてん」のチームとは別のセクションが、東京五輪の複数の選手にスポットライトを当てたドキュメンタリーの制作をスタートさせているという。


「例えば、白血病と戦いながら東京五輪を目指す水泳池江璃花子選手の密着映像とか、小中学生のアイドルと化してしている陸上男子短距離のサニブラウン選手の9秒台への挑戦秘話をNHKは用意しようとしているそうです。しかも、NHKはこの企画に同局の東京五輪の“スペシャルナビゲーター”を務める『嵐』のメンバーを絡めるつもりのようです。選手を直接インタビューしてもらってもいいし、番組のナレーションを担当してもらってもいい。著名選手の感動秘話に『嵐』をミックスすれば、視聴率は軽く2ケタはいくでしょう」(前出・テレビ関係者)

 果たして主演が阿部サダヲにチェンジする「いだてん」は、どんなフィナーレを迎えるのだろうか。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る