社会不信の塊だった堀潤さんがNHKに入局した深い理由は…

公開日: 更新日:

 精神科医の名越康文さんがゲストの“知られざる一面”に迫ります。第2回はジャーナリストの堀潤さん。NHKを退局しフリーランスでの活動も6年を迎えたいま、メディアへの熱い思いが明かされます。

  ◇  ◇  ◇

名越 2013年にNHKを退局されるまでの12年を改めて振り返ると、どんなお気持ちですか。

堀 平成不況のど真ん中で社会人になったので、社会に対して期待や希望を持てませんでした。見上げる空の色はグレー。自分の存在を確認したくてNHKへ入りましたが、簡単ではありませんでしたね。

名越 一朝一夕ではいかない話ですね。

堀 既存のやり方を続けていればテレビは生き残れない。それどころか視聴者の信頼も得られなくなると考え、開かれた報道の在り方を模索していました。でも、東日本大震災や原発の事故が起こると状況は一変しましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る