吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

ジャニー氏の素顔と仕事術 トイレに4日間&汐留で迷子に…

公開日: 更新日:

敏腕TVマン吉川圭三氏が見たジャニー喜多川さん

 世の中にはパブリックイメージが先行し、実際の人物と全く異なる人物像が定着してしまうことがある。私の場合、その代表がジャニー喜多川氏だった。十数年ほど前、日本テレビのチーフプロデューサーをしていた頃、「ジャニーズのタレントを起用するならジャニーさんに会っておけ」と制作局長に連れられ、数回お会いした。

 初めてお会いしたのは確か銀座のステーキレストラン哥利歐(ゴリオ)だったと思う。ブランド物でギンギンに固められ、高圧的、なんていう“ギョーカイかぶれ”なところは一切なく、背格好も大きいわけでもない。ゴルフにでも行くようなカジュアルな格好で「これが日本を代表する芸能事務所のトップなのか?」と拍子抜けするほど柔和だった。当時70代半ばだったジャニーさんはテーブルに着くとビジネスとは関係のない面白い話を始めた。印象に残っているのは、自宅のトイレに4日間閉じ込められた話だ。トイレの個室の外鍵が閉まり、連休中のため家の奥のトイレで戸を叩いても助けは来ず、事務所の人が捜しに来るまで4日間、手洗い用の水を飲んでしのいだというのだ。ご高齢のジャニーさんが無事だったことも凄いのだが、それを面白おかしく話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る