ジャニ―喜多川という“扇の要”を失った帝国の近未来予想図

公開日: 更新日:

 ジャニーズへの過剰な依存と忖度はなくなるのか――。ジャニー喜多川氏の訃報で、業界関係者は芸能界への影響を推し量っている。87歳で亡くなるまで一代で築き上げたジャニーズ事務所は、いつしか「帝国」と呼ばれ、業界を牛耳るまでになったのは周知のことだ。

 オリコンによると、シングル1位獲得作品数は1974年の郷ひろみ「よろしく哀愁」を皮切りに439作品。SMAPらシングル12作品がミリオンとなり、実に1億4800万枚超を売り上げ、「最も多くのチャート1位を獲得した歌手をプロデュースした人物」として、ギネスワールドレコーズに認定されている。

「タレントを発掘する目、育成力、それをプロモートし売り出すプランニング、ショーアップする演出力など、天賦の才は誰もが認めるところ」(ジャニーズ担当のベテラン記者)

 その社長のポジションは姪の藤島ジュリー景子副社長(52)が引き継ぎ、すでに経営やマネジメントを統括。コンサートや舞台などの演出やプロデュースは、ジャニー氏の手法を間近で見てきた元タレントの滝沢秀明氏(37)が継承し、約300人いるデビュー予備軍ジャニーズJrの発掘やオーディションを行う関連会社「ジャニーズアイランド」の社長にも就任している。今後はジャニー氏の仕事は滝沢氏が一手に担っていく。だが、扇の要を失った帝国がこのままの勢いを保てるかどうかは不明だ。前出の担当記者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る