ジャニ―喜多川という“扇の要”を失った帝国の近未来予想図

公開日: 更新日:

 ジャニーズへの過剰な依存と忖度はなくなるのか――。ジャニー喜多川氏の訃報で、業界関係者は芸能界への影響を推し量っている。87歳で亡くなるまで一代で築き上げたジャニーズ事務所は、いつしか「帝国」と呼ばれ、業界を牛耳るまでになったのは周知のことだ。

 オリコンによると、シングル1位獲得作品数は1974年の郷ひろみ「よろしく哀愁」を皮切りに439作品。SMAPらシングル12作品がミリオンとなり、実に1億4800万枚超を売り上げ、「最も多くのチャート1位を獲得した歌手をプロデュースした人物」として、ギネスワールドレコーズに認定されている。

「タレントを発掘する目、育成力、それをプロモートし売り出すプランニング、ショーアップする演出力など、天賦の才は誰もが認めるところ」(ジャニーズ担当のベテラン記者)

 その社長のポジションは姪の藤島ジュリー景子副社長(52)が引き継ぎ、すでに経営やマネジメントを統括。コンサートや舞台などの演出やプロデュースは、ジャニー氏の手法を間近で見てきた元タレントの滝沢秀明氏(37)が継承し、約300人いるデビュー予備軍ジャニーズJrの発掘やオーディションを行う関連会社「ジャニーズアイランド」の社長にも就任している。今後はジャニー氏の仕事は滝沢氏が一手に担っていく。だが、扇の要を失った帝国がこのままの勢いを保てるかどうかは不明だ。前出の担当記者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る