大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

冒頭から涙が…観客の心揺さぶるレッドフォードの深い皺

公開日: 更新日:

 映画を見て画面に映る俳優の皺(しわ)に泣ける、そんな初めての経験をした。米映画の往年の大スター、ロバート・レッドフォードが主演した「さらば愛しきアウトロー」である。レッドフォードの顔に深く刻まれた皺を見た途端、涙がにじんできた。

 映画は冒頭、銀行に押し入り自動車で逃走するレッドフォード扮するフォレスト・タッカーなる男の目元をアップにする。ここで、その深い皺があからさまになる。次に全体の皺を写していく過程で涙は収まりがつかなくなった。

 多数ある彼のかつての作品で精悍(せいかん)な二枚目ぶりを知っている。しかし、だからといって皺だらけになったレッドフォードに何か憐憫(れんびん)のような思いを抱き、涙が出たというわけではない。正真正銘、皺そのものが見事なのだ。皺がレッドフォードの顔を以前にも増して風格あるものにしている。その魅力に涙腺が反応したとしかいいようがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  2. 2

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  3. 3

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    杏が歩く大女優への道 “ポスト半沢直樹”でコミットされた

  6. 6

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  9. 9

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  10. 10

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

もっと見る