スカウトを断る少女たち…もはや芸能界は夢の世界ではない

公開日: 更新日:

 美少女アイドルグループはAKB恒例の選抜総選挙が見送りになるなか、アンジュルムのリーダー和田彩花(25)の卒業後、新リーダーに就任した2期メンバーの竹内朱莉(21)の注目が高まっている。

 アンジュルムと聞いて、「なんのこっちゃ?」と、中高年サラリーマンは言うのではないか。アンジュルムとは、モーニング娘。を擁するハロプロ所属のグループで、初のアーティストブック「アンジュルムック」も売り切れ店が続出するなどしているのだが。

 そう説明しても「ふーん」という感想が聞こえてきそうだ。といっても、最初にプロデュースしたつんく♂も現スタッフも、「それでいいです」と言うのではないか。デビューし、人気に火がついたら、全国区の知名度を目指して、紅白出場で国民的存在に。そんなシナリオを芸能関係者の大半が思い描いていた時代は終わり、最近は小さい経済圏というか、コアなファンだけを見て営業、活動するようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る