スカウトを断る少女たち…もはや芸能界は夢の世界ではない

公開日: 更新日:

 美少女アイドルグループはAKB恒例の選抜総選挙が見送りになるなか、アンジュルムのリーダー和田彩花(25)の卒業後、新リーダーに就任した2期メンバーの竹内朱莉(21)の注目が高まっている。

 アンジュルムと聞いて、「なんのこっちゃ?」と、中高年サラリーマンは言うのではないか。アンジュルムとは、モーニング娘。を擁するハロプロ所属のグループで、初のアーティストブック「アンジュルムック」も売り切れ店が続出するなどしているのだが。

 そう説明しても「ふーん」という感想が聞こえてきそうだ。といっても、最初にプロデュースしたつんく♂も現スタッフも、「それでいいです」と言うのではないか。デビューし、人気に火がついたら、全国区の知名度を目指して、紅白出場で国民的存在に。そんなシナリオを芸能関係者の大半が思い描いていた時代は終わり、最近は小さい経済圏というか、コアなファンだけを見て営業、活動するようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る