三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

メガネは目線の邪魔になる…落語家も見た目は大切なんです

公開日: 更新日:

 8月も間もなく終わりですね。もう20年若かったらナイトプールに行けたのになぁと感傷的な気分の46歳、三遊亭鬼丸です。

 8月が終わると芸人の着物も夏物から秋冬物に替わります。夏物は絽(ろ)といい、薄手で涼しげな生地なんですが、実際着ている方はそんなに涼しくない着物なんです。まぁ見た目でお客さまには涼しげな感じを味わってもらう趣向ですね。

 見た目といえば、我々は身だしなみは当たり前ですが、他にも落語の邪魔にならないようにいろいろ気を使ってるんですよ。落語というのは見ている皆さんに想像しながら見ていただく芸なので、その想像力を邪魔しないように黒紋付きや地味な着物を選んだり、前髪を上にあげておでこを出したり日焼けしないように気を付けたり。メガネは目線で表現する場合に邪魔になるのでかけなかったり。なかには腕の毛が濃いからと脱毛したり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る