「これは経費~」「サギデカ」はディテールの細かさが秀逸

公開日: 更新日:

 夏ドラマも終盤。現在の平均視聴率トップ3は「監察医 朝顔」(フジテレビ系)、「刑事七人」(テレビ朝日系)、「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)。「朝顔」が逃げ切れるか、逆転されるか気になる。

 一方、視聴率こそ高くはないが、綿密な取材に裏打ちされたディテールの細かさで現実よりもリアルと、視聴者を魅了しているお仕事ドラマがある。ひとつは多部未華子主演「これは経費で落ちません!」、もうひとつは木村文乃主演「サギデカ」。どちらもNHKだ。

「『これは――』では多部演じる経理部の森若さんが回ってきた領収書や請求書を精査。『接待でも電車がある時間に乗ったタクシーの領収書は認められません』と小さなズルも容赦しない徹底ぶりが面白いし、経理の仕事が詳細に描かれ、興味深い。企業モノのドラマは山ほどありましたが、経理にスポットを当てたのは珍しいのでは」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る