星野陽平
著者のコラム一覧
星野陽平ジャーナリスト

1976年、東京都生まれ。早稲田大学卒。編著に「実録! 株式市場のカラクリ」(イースト・プレス)、著書に「芸能人はなぜ干されるのか? 芸能界独占禁止法違反」「芸能人に投資は必要か? アイドル奴隷契約の実態」(ともに鹿砦社)がある。2017年には公取委で「独占禁止法をめぐる芸能界の諸問題」の講演を行った。

“日本を代表する女優”山本富士子 大映退社で出演不可能に

公開日: 更新日:

 吉本興業の問題が世間の耳目を集め、「タレントと芸能事務所の関係」が注目された今夏。そこで取り沙汰された、芸能人が“干される”とは一体どういうことなのか。「芸能人はなぜ干されるのか?」の著者で、2017年には公取委で「独占禁止法をめぐる芸能界の諸問題」の講演も行ったジャーナリストの星野陽平氏が業界のタブーに肉薄する。

 タレントの独立や移籍をめぐるトラブルは古くて新しい問題だ。

 戦前には俳優の長谷川一夫が松竹から東宝に移籍した際、松竹側の差し金によってヤクザ者がカミソリで長谷川の顔を切りつけるという事件があった。

 戦後になると、「俳優ブローカー」と呼ばれる業者により俳優の引き抜きが相次ぎ、映画会社の経営を圧迫。また、日活が戦時中に中断していた映画製作を再開するため、俳優の引き抜きを活発化させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る