「透き通るよう…」二階堂ふみを虜にした吉沢亮の演技力

公開日: 更新日:

 2021年放送のNHK大河ドラマが、明治時代の実業家・渋沢栄一の半生を描いた「青天を衝け」に決まった。主演は放送中の朝ドラ「なつぞら」でヒロイン(広瀬すず)の幼なじみ・山田天陽役を演じた吉沢亮(25)。先週、ドラマの中で吉沢演じる天陽が無念の死を遂げると、NHKには惜しむ声が多数寄せられ、主婦の間に“天陽くんロス”が広がった。

 平成生まれの俳優が大河で主演するのは初めて。吉沢は自らのツイッターで、その驚きを次のように表現した。

〈まさか過ぎる大河の主演 吉沢にはまだ早いと思われる方が大半だと思いますが安心してください 僕が一番思ってます その中でやれる事を精一杯やり抜きたいと思います〉

 この「青天を衝け」のキャスティングは、長谷川博己(42)主演の20年放送の大河「麒麟がくる」のキャスティングが終了直後にスタートしたといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る