てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

社会経験で自信をつけた根は真面目な若槻千夏の横綱トーク

公開日: 更新日:

「個人的にタレント名鑑作ってるんですよ」(若槻千夏/テレビ東京「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」9月23日放送)

 かつて「おバカタレント」の代表格として大ブレークを果たした若槻千夏(35)。しかし、2006年ごろに芸能界を休業。自身のブランドなどを立ち上げ、その中から「クマタン」というキャラクターが大ヒットした。

 そんな中、15年にテレビの世界にも舞い戻ってきた。彼女がテレビに出る上で準備していることを明かしたことを今週は取り上げたい。

 そこにはゴシップ情報などを書き込むのではない。共演した上で現場で感じたことだけをメモしていく。そうすることで、この人とはちょっとやり合いできるなとか、この人は冗談が通じないなといったことが見えてくるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る