てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

若者から熱狂的支持を集めた石橋貴明の“ケンカであいさつ”

公開日: 更新日:

「この業界、ケンカとあいさつは先にした方がいいね」(石橋貴明フジテレビ「石橋貴明のたいむとんねる」8月19日放送)

 店などで面識がほとんどない同業者が偶然いた場合、あいさつのタイミングが難しいという話になった際、とんねるずの石橋貴明(57)が冗談交じりに言ったのが今週の言葉だ。伊集院光が「ケンカはどうかな、ケンカはどうかな?」と静かにツッコむと「手出しちゃった方が!」とさらに続けて笑わせた。

 しかし、この発言、石橋に限ってはあながち冗談とは言い切れない。なぜなら、とんねるずは、デビュー直後からこの業界に“ケンカ”を売ることで“あいさつ”していったからだ。

 高校時代、石橋がテレビに出演したのも当時、素人参加番組で名をはせていた竹中直人と“タイマン”したいと思ったからだ。その時の気持ちを石橋は自著でこう振り返っている。

「この人と勝負してみたいと思ったんだな。生意気なんだけど、おれは自分のこと、日本で一番おもしろいシロートだと思い込んでたからさ」(ニッポン放送出版=石橋貴明・木梨憲武著「とんねるず 大志―だれだって成功者(KANE―MOCHI)になれるんだ」1988年6月1日発売)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか