てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

若者から熱狂的支持を集めた石橋貴明の“ケンカであいさつ”

公開日: 更新日:

「この業界、ケンカとあいさつは先にした方がいいね」(石橋貴明フジテレビ「石橋貴明のたいむとんねる」8月19日放送)

 店などで面識がほとんどない同業者が偶然いた場合、あいさつのタイミングが難しいという話になった際、とんねるずの石橋貴明(57)が冗談交じりに言ったのが今週の言葉だ。伊集院光が「ケンカはどうかな、ケンカはどうかな?」と静かにツッコむと「手出しちゃった方が!」とさらに続けて笑わせた。

 しかし、この発言、石橋に限ってはあながち冗談とは言い切れない。なぜなら、とんねるずは、デビュー直後からこの業界に“ケンカ”を売ることで“あいさつ”していったからだ。

 高校時代、石橋がテレビに出演したのも当時、素人参加番組で名をはせていた竹中直人と“タイマン”したいと思ったからだ。その時の気持ちを石橋は自著でこう振り返っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る