てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

不気味な実像を笑顔で中和させるパンサー向井の強い客観性

公開日: 更新日:

「菅さんとやったら、あんなに面白かったのに!」(向井慧/日本テレビ「有吉の壁」10月2日放送)

 芸人たちが街に溶け込みながら、コント風にさまざまなボケを繰り広げる「有吉の壁」で、確かな存在感を見せるパンサー。メンバーの向井慧(33)が尾形貴弘と2人でネタをやり、微妙な空気になったときに発したのが今週の言葉だ。

 向井は前のコンビを解散後、自分が面白いと思っていた菅良太郎にコンビ結成を持ちかけた。その時、ちょうど菅は尾形にも声をかけられていたため、そのままトリオを結成した。向井は「僕は静かな雰囲気のあるコントをやりたくて、菅さんを誘って2人でやりたかったんですよ。で、絶対に(尾形は)入れたくなかった。一個も面白いと思ったことなかったから」(NHK「絶対笑者」14年12月27日)と笑って述懐する。結果、パンサーは尾形の分かりやすいキャラと向井の甘いルックスでアイドル的人気でブレークを果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

もっと見る